/

オミクロン型、米でも初確認 カリフォルニアで

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=佐藤浩実】新型コロナウイルスの新たな変異型である「オミクロン型」の感染者が米西部カリフォルニア州サンフランシスコで確認された。南アフリカから11月22日に帰国した旅行者で、米国での感染確認は初となる。バイデン大統領の首席医療顧問を務めるファウチ国立アレルギー感染症研究所長が1日の記者会見で明らかにした。

感染者はモデルナ製のワクチンを2回接種していたが、接種完了から6カ月たっておらずブースター接種(追加接種)はしていなかった。帰国後に体調不良を感じて検査を受け、29日に陽性結果が出たという。近隣大学でゲノム解析をした結果、オミクロン型だとわかった。

症状は軽く、入院はしていない。米疾病対策センター(CDC)によれば、感染者は自主隔離をしており、濃厚接触者はいずれも陰性だった。

ホワイトハウスは1日の声明で、成人のブースター接種と子どもへのワクチン接種の重要性を改めて強調した。バイデン大統領は2日に冬の感染拡大期に向けたさらなる対策を説明する見通しだ。アフリカ諸国に滞在した外国人の入国を一時的に禁じる措置は11月29日から実施している。

オミクロン型は疑い例も含め、すでに20を超す国・地域で確認されている。日本でも1日までに2例が見つかった。各国は水際対策を強化しているが、それ以前に入り込んでいた可能性が高まっている。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン