/

米大統領報道官が5月にも交代へ、米報道

【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスのサキ大統領報道官が5月にも退任する見通しとなった。米メディアが1日、一斉に報じた。米テレビ局の司会者に転身する方向で交渉している。後任にはジャンピエール大統領副報道官、ホワイトハウスのベディングフィールド広報部長らが候補に浮上している。

サキ氏は1日の記者会見で、退任するかどうかについて「将来の計画について発表することは何もない」と明言を避けた。米ニュースサイト「アクシオス」などは米ケーブルテレビ局MSNBC番組の司会者に就く協議をしていると伝えた。他の複数の米テレビ局も番組起用に関心を示しているという。

サキ氏はオバマ政権で国務省の報道官やホワイトハウスの広報部長を歴任し、バイデン政権が発足した2021年1月から大統領報道官を務めてきた。米メディアによると、サキ氏は同報道官に就いた当初から1年ほどで交代する意向だった。

今年初めにはハリス副大統領の上級広報官を務めていたサンダース氏も辞任し、5月からMSNBCの番組で司会を務める予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン