/

8月の米雇用37万人増、予測大幅下回る 民間調査

求人広告を掲げる小売店(米ワシントン)

【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用サービス会社ADPが1日発表した8月の全米雇用リポートによると、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)は前月から37万4000人増だった。前月の改定値(32万6000人増)よりわずかに増えたが、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(60万人程度)は大幅に下回った。雇用回復は緩やかで、新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大が影響した可能性がある。

「レジャー・ホスピタリティー」が20万1000人、「教育・医療サービス」が5万9000人それぞれ堅調に増えたが、それ以外の分野の伸びは緩やかだった。「製造業」は6000人増にとどまった。事業所規模別では、大規模が13万8000人、中規模が14万9000人いずれも増えたが、小規模は8万6000人増にとどまった。

ADPのエコノミストは「労働市場の回復は減速している」と指摘。「サービス産業が引き続き雇用増をけん引しているが、デルタ型の感染拡大で先行きは不透明だ」とした。

労働省が3日発表する8月の雇用統計について、市場は非農業部門の雇用者数が72万人程度増加すると予想している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン