/

この記事は会員限定です

米夏休み到来、旅行需要「2000年以降で2番目」の高水準

[有料会員限定]

【ニューヨーク=弓真名】夏休みシーズンが到来した米国で、旅行・レジャー需要が高まりをみせている。全米自動車協会(AAA)が発表した見通しでは、7月4日の独立記念日の祝日シーズンに旅行需要は2000年以降で過去2番目となる。記念日を含む5日間の旅行者数は4790万人と前年比で4%増える予測だ。インフレで物価が上がるなかでも、新型コロナウイルス下で外出できなかった人々の「リベンジ消費」は旺盛だ。

米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン