/

この記事は会員限定です

米コールズ、自社売却の交渉打ち切り 環境悪化で

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】米百貨店大手コールズは1日、自社売却に向けて米フランチャイズ・グループ(FG)と進めていた最終交渉を打ち切ると発表した。コールズは小売業界や資金調達を取り巻く環境悪化を理由に挙げ「完全に実行可能な合意に達するには大きな障害に直面した」との声明を出した。

同社は6月上旬にFGとの最終交渉に入ったと明らかにしていた。当初、FGは1株60ドル(約8100円)での株式買い取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン