/

この記事は会員限定です

バイデン氏、同盟重視のジレンマ 中ロ抜きに限界も

[有料会員限定]

【グラスゴー(英北部)=坂口幸裕】バイデン米大統領は2日まで欧州での主要な外交日程をこなした。中国、ロシアへの対抗を意識し、同盟国との関係構築に時間を割いた。取り組んだ課題は気候変動、原油高、イラン核合意の再建と多岐にわたるが、多くは中ロの関与がなければ進まない。バイデン政権はジレンマを抱える。

バイデン氏は1日、英グラスゴーでの第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の首脳級会合で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン