/

テキサスの電力小売業者が破綻 大規模停電で支払い不能

think!多様な観点からニュースを考える
テキサス州は記録的な寒波により電力料金が急騰した=AP

【ニューヨーク=中山修志】米南部のテキサス州で最大の電力小売業者ブラゾス・エレクトリックは1日、連邦破産法11条(民事再生法に相当)を申請し、経営破綻した。2月半ばの記録的な寒波で電力料金が急騰し、配送電事業者への担保金の支払いができなくなった。

米メディアによると、ブラゾスはテキサス州で66万人以上の顧客をもつ最大の電力小売業者。寒波による発電所の停止で電力卸売価格が通常の数百倍の1メガワット時あたり9000ドル(約96万円)に一時、跳ね上がった。そのため、送配電網を管理するテキサス州電気信頼性評議会(ERCOT)への担保金の支払いが18億ドルに膨らんだ。

ERCOTは2月末、電力小売業者に対する21億ドルの請求が未払いだと明かし、支払い不能に陥る事業者が増える可能性を指摘した。同州の司法長官は大規模停電の経緯や電力料金の設定について調査すると表明。北部のデントン市はERCOTに対し、小売業者に未払い料金を請求しないよう求めている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン