/

米フォード、全車にアンドロイド搭載 Googleとクラウド契約

フォードはグーグルのクラウドサービスを活用する

【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターは1日、米グーグルのクラウドサービスを利用する6年間の契約を結んだと発表した。2023年以降に世界で販売する全ての車両にグーグルのオペレーティングシステム(OS)「アンドロイド」を搭載する。車載サービスの多様化に伴い、車メーカーとIT(情報技術)大手の連携が広がってきた。

「フォード」と「リンカーン」ブランドの全車種にアンドロイドを搭載し、音声入力でナビゲーションシステムを操作したり音楽を聞いたりできるようにする。グーグルの人工知能(AI)やクラウド技術を用いて周辺道路の状況やドライバーの好みを把握する。

自動車大手では米ゼネラル・モーターズ(GM)が1月、自動運転技術を手掛ける子会社に米マイクロソフトの出資を受け入れ、同社のクラウド基盤を開発に活用すると発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン