/

トヨタ「RAV4」に発火リスク 米当局が初期調査

トヨタの「RAV4」に発火のおそれがあるとして米当局が調査を始めた=AP

【ニューヨーク=中山修志】米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は1日、トヨタ自動車の多目的スポーツ車(SUV)「RAV4」にバッテリーの発火のリスクがあるとして初期調査に入ったことを明らかにした。米国で販売した約186万台が対象で、バッテリー付近の発熱や発火などこれまでに11件の報告があったという。

NHTSAによると、報告の大部分は車両前部に搭載したバッテリー付近の発熱や発火で、走行時にスピードが低下したという報告もあった。バッテリーの取り付け不良や過去の修理が影響した可能性もあるが、報告件数が多いため調査を行うという。

調査対象は2013年~18年型の北米モデルのRAV4で、日本では販売していない。トヨタは「NHTSAの初期調査は認識しており、調査に協力していく」とコメントした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン