/

この記事は会員限定です

和製スター・ウォーズ「ビジョンズ」、ネット配信で実現

米ルーカスフィルムの仕掛け人に聞く

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ウォルト・ディズニー傘下のルーカスフィルムが日本のアニメ制作各社と手掛けたスター・ウォーズの派生アニメ「VISIONS(ビジョンズ)」が話題になっている。動画配信サービスでの公開直後に各国で視聴上位に入り、米著名批評サイトでは肯定的な評価が95%を占めた。インターネット配信という枠組みが、異例のプロジェクトの実現を後押しした。

ビジョンズはトリガー(東京・中野)の「T...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン