/

この記事は会員限定です

中国・ソロモン安保協定「憂慮すべき前例」 米国防長官

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】オースティン米国防長官は中国とソロモン諸島の安全保障協定について「太平洋諸国地域にとって憂慮すべき前例だ」と表明した。中国が実効支配を進める南シナ海に続く海洋進出への強い懸念を映す。米国と英国、オーストラリアの安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」とアジア諸国の防衛協力に意欲を示した。

オースティン氏は日本経済新聞の書面での取材で、中国とソロモン諸島が4月に締結した安保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン