/

バフェット氏「SPACは厄介者」 総会で投機に警鐘

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
株主の質問に答えるバフェット会長(左)とマンガー副会長(1日)=ロイター

【ニューヨーク=宮本岳則、伴百江】著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイは1日、年次株主総会を開いた。特別買収目的会社「SPAC」の急増や、個人投資家の投機的な売買に警鐘を鳴らした。新型コロナウイルス禍からの米景気の急回復にも言及し、一部で過熱感が出ていると指摘した。

バークシャーはバフェット氏の盟友、チャーリー・マンガー副会長の地元、米カリフォルニア州ロサンゼルスから中継でオンライン形式の株主総会を開いた。マンガー氏は昨年、新型コロナウイルスによる移動制限で総会に参加できなかったが、今回は2年ぶりに2人の掛け合いが復活した。

キャピタルゲイン課税の評価避ける

バイデン米大統領が打ち出した、富裕層対象の株式売却益(キャピタルゲイン)課税についてはバフェット氏は「政治的発言は控える」として評価は避けた。

2人がそろって批判したのはSPACだ。SPACとは事業会社との合併を目的とした上場会社で、2020年以降、米国市場で設立が相次いだ。足元で400を超えるSPACが合併対象を探している。一方、バークシャーも1400億ドル(約15兆円)の手元資金の活用先として企業買収を狙っており、一部競合しているようだ。

バフェット氏はSPACを「厄介者」と表現した。SPACは通常、設立から2年で買収先を見つけられなければ解散となる。設立者は買収成立で多額の報酬を得られる仕組みになっており、期限内に何とか案件を作ろうとする。競争は激しく、買収価格はつりあがる。マンガー氏は「品格を失っている」と批判した。

スマホ証券ロビンフッド・マーケッツにも批判の矛先が向かった。手数料無料で若者の人気を集める一方、ゲーム感覚の操作で初心者をリスクの高い取引に誘導しているとの批判は根強い。1月にはネット上の掲示板で個人が「共闘」し、一部銘柄の乱高下を招いた。バフェット氏はスマホアプリを使った株式取引が「ギャンブルを誘発している」と非難した。

米経済は「red hot」、過熱感に言及

ワクチン接種の進展で経済の正常化が進み始めた米景気の先行きには強気だ。米連邦準備理事会(FRB)や米議会の政策を評価した上で、バフェット氏は「米経済の85%はかなり高いギアで走っている」と指摘した。その上で「人々はポケットにお金を入れており、高い値段でも払う。購買ブームが起きている」と説明。経済状況を「red hot」と表現し、過熱感にも言及した。

米景気の急回復とカネ余りで米株式相場は最高値圏で推移する。投資尺度でみた米国株の割高感を指摘する声は少なくない。S&P500種株価指数の予想PER(株価収益率)は約22倍で、過去10年平均(16倍)を大きく上回る。アマゾン・ドット・コムのPERは50倍を超えるなど、大型ハイテク株は特に割高にみえる。

超低金利環境「ハイテク株は非常に割安」

バフェット氏の見解は異なった。4週物短期国債が直近の入札でゼロ金利発行になったことなどに言及し、超低金利環境では「(ハイテク株は)非常に割安だ」と述べた。金利が下がると企業の将来利益を現在価値に割り戻す「割引率」が下がり、現在価値が上昇する。割高に見えるハイテク株も買えるとの理屈だ。

バフェット氏は長年、企業の本質的価値より低く放置されている企業の株式に投資し、将来の値上がりを追求するスタイルを貫いてきた。ただ最近は、データ管理のスノーフレイクの新規株式公開(IPO)に参加するなど、伝統的な投資尺度では割高に見える企業にも資金を振り向けている。

バークシャーは上場株運用でアップル株を1110億ドル分保有する。バフェット氏は株主総会でアップルについて「人々に必要不可欠な会社だ」と指摘した上で、ティム・クック最高経営責任者(CEO)の仕事ぶりを称賛した。一方、持ち分の一部を売却した判断について「間違いだったかもしれない」と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン