/

NYタイムズ、英単語当てゲーム「Wordle」を買収

(更新)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米新聞大手ニューヨーク・タイムズは31日、英語圏で大流行している単語当てゲーム「Wordle(ワードル)」を買収したと発表した。SNS(交流サイト)を通じて広がった同ゲームの人気を購読者の拡大に生かすとみられる。取得額は公表していないが「数百万ドル(数億円)」という。

ワードルは5文字の英単語を当てる、無料のオンラインゲームだ。文字と位置の両方が正確ならば緑、文字は含むが位置が異なる場合は黄色にタイルの色が変わる。単語は毎日変わり、プレーヤーは1日6回までの挑戦で正しい単語を推測する。

同ゲームは米国に住むエンジニアが恋人へのプレゼントとして開発し、2021年10月にオンライン公開した。21年11月初めのプレーヤー数は90人だったが、その後2カ月ほどで30万人に到達。答えを伏せたまま挑戦の過程と結果をSNSなどで報告できる仕組みが受け、直近では毎日数百万人が遊んでいるという。

ニューヨーク・タイムズはクロスワードパズルなどのサブスクリプション(継続課金)サービスを提供しており、相乗効果を狙うとみられる。クロスワード担当の幹部は声明で「(ワードルは)プレーに時間がかからず、注意力を保ちにくくなっている時代にぴったりだ」と述べた。今後もゲームの仕様は変えず、新規・既存プレーヤーの両方に無料で提供を続けるとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン