/

トランプ氏一族企業を起訴 税務処理で不正か 米報道

トランプ前米大統領は一族企業が経営する企業を巡る疑惑を否定している=AP

【ワシントン=永沢毅】トランプ前米大統領の一族が経営する「トランプ・オーガニゼーション」の不正疑惑を巡り、ニューヨーク・マンハッタン地区の大陪審は30日、同社とワイセルバーグ最高財務責任者(CFO)を起訴した。トランプ氏本人は起訴しなかったが、復権をめざす同氏に打撃となるのは避けられない。

複数の米メディアが伝えた。具体的な起訴内容は明らかになっていないが、検察当局はワイセルバーグ氏らが同社から受け取っていた住居や車両、学費などについて適切な税務処理がされているかどうかを捜査してきた。一族企業を巡る疑惑での起訴は今回が初めて。

今後の捜査の進展によっては、さらに起訴の対象が広がる可能性もある。トランプ氏は疑惑を否定している。

大陪審は市民から選び、検察が示す証拠に基づいて起訴するかどうかを判断する。米メディアは5月末に大陪審の招集を伝えていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン