/

この記事は会員限定です

逆風下のバイデン米政権、中間選挙へ号砲 一般教書演説

インフレ抑制「最優先」

[有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋、鳳山太成、中村亮】バイデン米大統領が1日に臨んだ初の一般教書演説は、11月の中間選挙をにらんだ号砲と位置づけられる。ウクライナに侵攻したロシアへの批判を前面に押し出したものの、バイデン氏が「最優先課題」と語ったインフレをはじめ、内政をめぐる逆風は強い。政権支持率の浮揚に向けて局面を打開する道は険しい。

「インフレが本来得られるはずの利益を奪っている」。バイデン氏はこう語気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1836文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン