/

米マイクロンなどがキオクシア買収検討か WSJ報道

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米マイクロンなどがキオクシアの買収を検討していると報じられた=ロイター

【シリコンバレー=佐藤浩実】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は31日、米半導体大手のマイクロン・テクノロジーやウェスタン・デジタル(WD)が日本の同業キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)の買収の可能性を検討していると報じた。進展するかは不透明な部分が残るが、キオクシアの企業価値を300億ドル(約3兆3000億円)規模と評価しているという。

キオクシアはデータ保存に使うNAND型フラッシュメモリーが主力で、米投資会社ベインキャピタルの特別目的会社や東芝などが出資している。WSJはマイクロンやWDはそれぞれ個別にキオクシア買収を検討しており、複数の関係者の話として「実現するならば、春の終わり頃に最終決定される」とした。

WSJによれば、キオクシアは2021年中の新規株式公開(IPO)を選ぶ可能性もあるという。同社はかねてIPOを計画していたが、新型コロナウイルスの感染拡大や市況悪化を理由に延期していた。

米バイデン政権はハイテク産業での中国の台頭を警戒し、自国の半導体産業の強化を掲げている。自給率の向上につながる米国内での半導体工場への投資支援などを打ち出している。

インテルは3月下旬、今後数年間で200億㌦を投じ、米西部のアリゾナ州に新工場を建設すると発表した。24年の稼働を目指し、パソコン向けCPU(中央演算処理装置)などに使われる回路線幅が7㌨(㌨は10億分の1)㍍以下の先端の半導体生産を狙う。

新型コロナのまん延でデジタル機器やITサービスの利用が急速に拡大し、半導体業界ではあらゆる製品で需給の逼迫感が強まっている。車向けは特に影響が目立ち、各国の自動車メーカーが減産を余儀なくされている。キオクシアは報道に対し、「新規株式公開(IPO)を目指すことには変わりはない」と回答した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン