/

トランプ氏、24年大統領選出馬を示唆 新党結成は否定

think!多様な観点からニュースを考える
トランプ前米大統領は2024年大統領選への再出馬に含みをもたせた=ロイター

【ワシントン=永沢毅】トランプ前米大統領は28日、南部フロリダ州で開かれた保守系政治団体のイベントで演説し、2024年大統領選に再出馬する可能性に含みをもたせた。取り沙汰されていた新党旗揚げについては「フェイクニュースだ」と否定した。大統領を退任後、トランプ氏が公の場で演説したのは初めて。

演説は約1時間半に及んだ。トランプ氏は民主党のバイデン大統領が制した先の大統領選で「不正があった」と重ねて主張。勝利した16年、敗れた20年に続く24年大統領選を念頭に「彼らを打倒しようと決めるかもしれない。これで3回目だ」と述べた。

トランプ氏は「私たちには共和党がある。結束し、かつてなく強くなる」と述べ、新党結成はせずに党内で影響力を行使する考えを示した。共和党で自身の弾劾に賛成した上下両院議員の名前を1人ずつ列挙し、党の候補を絞り込む予備選で排除する意向を示した。「ワシントンのエスタブリッシュメント(支配層)が私たちを黙らせようとしても、私たちが勝つ」と強調した。

大統領就任から1カ月が過ぎたバイデン氏に関して「近年ではもっともひどい最初の1カ月だった」と批判。自らが進めた排外的な移民政策をバイデン政権が転換した点をあげて「これだけでも民主党が(22年秋の)中間選挙で敗北し、4年後にホワイトハウスを失う十分な理由になる」などと主張した。

イベントは保守政治活動会議(CPAC)が例年は首都ワシントンの近郊で開いてきた。今回は新型コロナウイルスの影響を踏まえ、開催地をフロリダに移した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン