/

米大統領報道官がコロナ感染 バイデン氏外遊に同行せず

【ワシントン=中村亮】サキ米大統領報道官は31日、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。親族に感染者が出たため自主隔離に入り、バイデン大統領の欧州訪問への同行を取りやめていたと説明した。

サキ氏によると、27~30日は新型コロナ検査で陰性だったが、31日に陽性の結果が出た。バイデン氏と最後に顔を合わせたのは26日で、外でマスクを着用して6㌳(約1.8㍍)以上離れていたという。

外遊への同行については27日に医療担当者と相談して見送りを決めた。軽度の症状はあるが自宅から仕事を続けている。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン