/

この記事は会員限定です

「分析への上層部関与、条件明確に」 IMFが内部点検

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=高見浩輔】国際通貨基金(IMF)は30日、組織内部のガバナンスを点検したレビューを発表した。ゲオルギエバ専務理事が世界銀行の首脳時代に、ビジネス環境に関する報告書で中国の評価を引き上げるよう内部で圧力をかけたと指摘された件をうけて実施した。職員が実施しているデータ分析に上層部が関与する場合の条件をより明確にすることなどを求めた。

レビューはIMF内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン