/

NY原油5%下落 オミクロン型の影響で需要不透明に

【ヒューストン=花房良祐】30日の原油市場では、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」に対して既存のワクチンの有効性が限られるとの製薬会社幹部の発言をきっかけに売りが広がった。ニューヨーク原油先物が前日比3.77ドル(5.4%)安の1バレル66.18ドルとなったほか、ブレント原油は3.9%安の70.57ドルとなった。感染拡大で経済が停滞すれば原油需要が落ち込むとの見方が売りを誘った。

バイオ製薬モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、南アフリカなどで見つかったオミクロン型に対する既存のワクチンの有効性は「かなり低い」と指摘した。そのうえでオミクロン型に対応した新しいワクチンの開発と大量生産には「数カ月かかる」と語った。

調査会社ライスタッド・エナジーのルイズ・ディクソン氏は「他のワクチンメーカーもモデルナと同じようなことを言ったら、相場はさらに下落するだろう」と述べた。都市封鎖(ロックダウン)が各国で相次げば、2022年1~3月に原油需要が日量300万バレル失われる可能性もあると指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン