/

NYダウ続落で始まる 景気敏感株への売り続く

ウォール街(ニューヨーク)=ロイター

【NQNニューヨーク=横内理恵】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落して始まり、午前9時35分現在、前日比131ドル25セント安の3万3946ドル38セントで推移している。過去最高値圏とあって上値を追う動きが限られる中、前週まで上昇が目立っていた景気敏感株などへの利益確定売りが出て相場の重荷となっている。

景気敏感株の一角である航空機のボーイングや金融のゴールドマン・サックスが安い。アナリストが投資判断を引き下げたスポーツ用品のナイキが下落。20日朝に発表した決算で売上高などが市場予想を上回った日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)にも売りが先行した。

世界で新型コロナウイルス感染者数の増加基調が強まり、旅行・レジャー関連銘柄の売り材料になっている。19日夕に発表した決算で赤字幅が市場予想以上だった空運のユナイテッド航空ホールディングスの下げが目立ち、デルタ航空も連れ安している。カーニバルなどクルーズ船株も安い。

一方、19日夕に発表した決算が5四半期ぶりに増収となったIBMは高い。20日発表の決算で売上高が市場予想を上回った医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も上昇した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン