/

NYダウ、下げ幅一時900ドル超 利上げ・ウクライナ警戒

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は7日続落して始まり、正午(日本時間25日午前2時)現在は前週末比819ドル87セント安の3万3445ドル50セントで推移している。下げ幅は一時900ドルを超えた。米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの警戒が広がっている。ウクライナ情勢を巡る地政学リスクも投資家心理の重荷となり、幅広い銘柄に売りが先行した。

25~26日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。3月のFOMCでの利上げ決定が既定路線とみられているが、声明や議長会見などで金融引き締めに一段と前向きな姿勢を見せる可能性がある。ウクライナ情勢を巡ってはロシアによる軍事行動の脅威が高まり、24日までに米英両政府が在ウクライナ大使館に勤務する一部職員と家族に退避命令を出すなど緊迫化している。

投資家心理を測る指標である変動性指数(VIX)は一時、前週末比2割近く高い33台後半と心理的節目の30を上回った。不安心理が高まった状態とされる20から大幅に水準を切り上げている。

個別では航空機のボーイングや金融のゴールドマン・サックス、クレジットカードのビザといった景気敏感株の売りが目立つ。ハイテク株も売られ、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトが安い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5日続落して始まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン