/

NYダウ反発で始まる ワクチン普及を期待

ニューヨークのウォール街=ロイター

【NQNニューヨーク=川内資子】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発して始まり、午前9時35分現在、前日比76ドル75セント高の3万1468ドル27セントで推移している。新型コロナウイルスのワクチン普及を期待した買いが入った。米長期金利が上昇し、高PER(株価収益率)のハイテク株は売られ、相場の上値は重い。

バイデン米大統領は2日、「5月末までに米国の成人全員分のワクチンを確保できる」と述べた。ワクチン接種が順調に進み、米経済が正常化するとの見方が改めて強まった。恩恵を受けやすい旅行・レジャー関連株が買われ、航空機のボーイングや娯楽・映画のウォルト・ディズニーが高い。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど景気敏感株にも買いが広がっている。

3日朝の米債券市場で長期金利は1・47%前後と前日終値(1・39%)から上昇している。利ざや拡大の見方からJPモルガン・チェースなど金融株が買われた半面、相対的な割高感の高まりが意識され、ハイテク株には売りが出ている。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトが下げて始まった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比7・291ポイント安の1万3351・496で推移している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン