/

NYダウ続伸で始まる 最高値更新、一時3万5000㌦超に

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6日続伸して始まり、午前9時35分現在は前週末比157ドル10セント高の3万4934ドル86セントと過去最高値を上回っている。その後は初めて3万5000ドルを超える場面もあった。経済正常化の進展と金融緩和の長期化を期待した買いが優勢になっている。

前週末発表の4月の米雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を大幅に下回り、市場では米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和が長期化するとの見方が強まった。新型コロナワクチンの普及で経済正常化が進むとの観測も支えに景気敏感株が買われ、化学のダウや建機のキャタピラー、航空機のボーイング、金融のゴールドマン・サックスが高い。

石油株の上昇も相場を押し上げている。米最大級の石油パイプラインが7日にサイバー攻撃で停止した。供給減への懸念から原油やガソリン先物価格が上昇し、シェブロンなど石油株への買いにつながった。

景気敏感株に資金が向かう一方、ハイテク株は売り優勢となっている。スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフトが安い。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落して始まり、131・119ポイント安の1万3621・118で推移している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン