/

NYダウ反発で始まる 資本財など景気敏感株に買い

ウォール街(ニューヨーク)=AP

【NQNニューヨーク=古江敦子】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発して始まった。午前9時35分現在は前日比92ドル05セント高の3万0427ドル72セントと過去最高値を上回っている。追加経済対策や新型コロナウイルスのワクチン普及などを背景に、来年の米景気回復を期待した買いが相場を支えている。資本財など景気敏感株を中心に上昇している。

年末に伴い、機関投資家が保有株の運用成績を一時的に改善させるための「お化粧買い」も入っているようだ。

ムニューシン米財務長官が29日夕、追加経済対策の一環である1人600ドルの現金給付の手続きを30日に開始すると述べたと伝わった。現金給付をさらに増額する単独法案が上院で採決に進まず、前日の相場は下げたが、早期の手続き着手は米個人消費を後押しするとみなされた。

景気敏感株の上げが目立ち、建機のキャタピラーは3%近く上昇。化学のダウ、石油のシェブロンも高い。業績が新型コロナの直撃を受けてきた映画・娯楽のウォルト・ディズニーも買われている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン