/

NYダウ、続伸で始まる 長期金利上昇で金融株に買い

【NQNニューヨーク=横内理恵】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸で始まり、午前10時現在は前日比76ドル55セント高の3万5695ドル80セントで推移している。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の続投見通しを受けて米長期金利が一段と上昇し、金融株が買われている。半面、金利上昇で相対的な割高感が強まる高PER(株価収益率)のハイテク株は売られ、相場の重荷となっている。

長期金利は朝方に前日比0.04%高い1.66%と1カ月ぶりの水準に上昇する場面があった。利回りは中・短期債以上に上がっており、銀行の貸し出し利ざやが改善するとの見通しにつながった。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど金融株に買いが入った。

バイデン米政権が23日、石油の戦略備蓄を放出すると発表した。備蓄放出でガソリン高に歯止めがかかり、米景気を支えるとの見方も投資家心理の支えとなっている。建機のキャタピラー、航空機のボーイングなど景気敏感株の一角が高い。

一方、長期金利上昇でハイテク株は売られやすく、ソフトウエアのマイクロソフトや顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが安い。足元で買われていたスポーツ用品のナイキなど消費関連株も売りに押されている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン