/

この記事は会員限定です

ナスダック指数に迫る「弱気相場」の足音(NY特急便)

NQNニューヨーク 張間正義

[有料会員限定]

28日の米株式市場では四半期決算が好感されたアップルが大幅上昇し、相場全体をけん引した。半面、金融引き締め懸念を背景に「弱気相場」の足音が迫る。

今年に入り下げが目立つナスダック総合株価指数は小幅ながら5週ぶりに週間で上昇した。一息ついたナスダック指数だが、2021年11月に付けた過去最高値からは14%(28日時点)下落し、2割超の下落で定義される弱気相場入りが迫る。

一部のサブインデックスはす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン