/

この記事は会員限定です

高まるGAFAMラリー再来への期待(NY特急便)

NQNニューヨーク 張間正義

[有料会員限定]

バイデン米政権が誕生した今週の株式市場では2020年の相場をけん引した「GAFAM」の株高ラリー再開への期待が高まった。

22日にハイテク株比率が高いナスダック指数は3日連続で過去最高値を更新した。週間では4.2%高と、昨年の米大統領選後のラリーが始まった20年11月第1週以来の大きさだ。

けん引したのはGAFAMと呼ばれるアルファベット(グーグルの親会社)、アップル、フェイスブック、アマゾン・ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン