/

この記事は会員限定です

超金融緩和が招くSPACリスク(NY特急便)

[有料会員限定]

18日のダウ工業株30種平均は反落した。米政府の追加経済対策を巡る与野党協議に進展がなく、利益確定売りが優勢だった。

2020年は米国の新規株式公開(IPO)にとって記録的な年となった。米調査会社のディールロジックによると、17日までのIPOは447銘柄、調達額は1655億ドル(17兆円)と過去最高。前年に比べ銘柄数は2.1倍、調達額は2.6倍に膨らんだ。

全体を押し上げたのは特別買収目的会社(S...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン