/

NYダウ反落し124ドル安 追加経済対策に不透明感

【NQNニューヨーク=古江敦子】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比124ドル32セント(0.4%)安の3万0179ドル05セントで終えた。ダウ平均など主要株価指数は前日に過去最高値を更新しており、短期的な相場の過熱感を警戒した売りが優勢だった。追加の経済政策を巡る与野党協議の不透明感も相場の重荷となった。

追加経済対策を巡っては、前日まで米与野党が週内に合意するとの期待が高まっていた。18日は新たな進展が伝わらず、協議の不透明感が強まった。現行の暫定予算の期限である同日中に追加対策と2021年度予算案で合意できなければ、米政府機関の一部が閉鎖される。財政協議の不透明感を嫌気して、ダウ平均は250ドル超下げる場面があった。

週明け21日から機関投資家の多くが運用指標とするS&P500種株価指数に採用される電気自動車(EV)のテスラが上場来高値を付けた。年金基金や上場投資信託(ETF)など株価指数に連動するパッシブ投資家がテスラ株を購入するため、「他のS&P500種指数を構成する銘柄を売り、相場を押し下げた」(ナショナル・ホールディングスのアート・ホーガン氏)との声があった。

半導体のインテルが6%超下落した。製品の供給先であるマイクロソフトが「独自の半導体の開発を進めている」と報じられ、売りが強まった。石油のシェブロンやスマートフォンのアップルも下げた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落し、前日比9.107ポイント(0.1%)安の1万2755.638で終えた。18日は株価指数先物などで日本でのSQ(特別清算指数)に当たる「クアドルプル・ウィッチング」に当たり、主要ハイテク株には持ち高調整に伴う売りが出て同指数を押し下げたとの見方があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン