/

この記事は会員限定です

政と官の大量マネーに屈した株式市場(NY特急便)

NQNニューヨーク 張間正義

[有料会員限定]

政府と米連邦準備理事会(FRB)が一枚岩となり、大量のマネーを経済に供給することで景気回復と物価上昇を引き起こすリフレーション政策が成功するとの見方が強まっている。

8日のダウ工業株30種平均は過去最高値を更新した。2020年12月の雇用統計は雇用者数の伸びが8カ月ぶりに減少したが、株式市場への影響は限られた。

数ある経済統計のなかでも最重要とされる雇用統計への市場の感度が鈍っている。低金利の長期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン