/

この記事は会員限定です

FRBは「優しいタカ」 市場に広がる楽観(NY特急便)

(更新) [有料会員限定]

27日のダウ工業株30種平均は6日続伸。週間では1951ドル高と9週ぶりに上昇した。前週までの8週間で3599ドル下げたが、今週だけで半分強を取り戻した。株高の最大の理由は「米連邦準備理事会(FRB)がタカ派姿勢を和らげるのでは、との市場の楽観」(リチャード・バーンスタイン・アドバイザーズのダン・スズキ氏)だ。

それを象徴するのが悪材料お構いなしに買われた主力2銘柄だ。エヌビディアは25日の引け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン