/

この記事は会員限定です

長期金利を左右する「米国例外主義」の行方(NY特急便)

NQNニューヨーク 張間正義

[有料会員限定]

米国債市場の景色が1年前から様変わりした。昨年3月に「経済の体温計」である米長期金利は過去最低となり、米経済の「日本化」と騒がれた。それから1年後の今は高成長・高インフレを意識した「米国例外主義」に傾きつつある。

5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反発した。2月の雇用統計で雇用者数が市場予想以上に増え、景気回復期待が高まった。追加の経済対策などで春以降の景気急回復が見込まれる。20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン