/

NYダウ続落、36ドル安 ワクチン普及に不透明感

【NQNニューヨーク=戸部実華】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前週末比36ドル98セント(0.1%)安の3万0960ドル00セントで終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及に不透明感が漂い、経済正常化が遅れかねないとの懸念から景気敏感株が売られた。半面、決算発表を間近に控えた主力ハイテク株には業績期待の買いが入り、下値は堅かった。

製薬大手のメルクが25日、コロナワクチンの開発を中止すると発表した。米国ではファイザーやモデルナが開発したワクチンの接種を始めている。今後は他社製品も出回って接種ペースが速まるとの観測があったが、メルクの開発中止で修正を迫られた形だ。

経済正常化の期待を背景に昨秋以降に買われていた景気敏感株が安い。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが4%安、建機のキャタピラーや航空機のボーイングの下げも目立つ。米長期金利が低下し、金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースへの売りも目立った。

ダウ平均は午前中に下げ幅を一時400ドル超に広げたが、午後にかけて下げ渋る展開。今週以降に2020年10~12月期決算を発表するハイテク株への買いが勢いを増し、相場を下支えした。27日に決算を発表するスマートフォンのアップルは3%高、26日発表のソフトウエアのマイクロソフトは2%高で終えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5日続伸し、前週末比92.930ポイント(0.7%)高の1万3635.992と過去最高値を更新した。アナリストが目標株価を引き上げた電気自動車のテスラが4%高だった。SNS(交流サイト)のフェイスブックなど主力株の一角や、バイオ製薬株も買われた。テスラとフェイスブックはともに27日に決算発表を予定する。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は反発し、前週末比13.89ポイント(0.4)高の3855.36と過去最高値で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン