/

NYダウ424ドル高 ワクチン普及期待、最高値更新

【NQNニューヨーク=川内資子】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸し、前日比424ドル51セント(1.3%)高の3万1961ドル86セントと1週間ぶりに過去最高値を更新した。新型コロナウイルスワクチンの普及で経済が正常化するとの期待から、景気敏感株を中心に買われた。

米食品医薬品局(FDA)は24日、医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発するコロナワクチンについて「1回の接種でも高い効果がある」として緊急使用を支持した。米国ではコロナの新規感染者数が減少傾向にあり、経済活動を再開する動きも広がっている。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は24日、下院金融サービス委員会でのオンライン公聴会で、量的金融緩和について「政策目標に対して十分な進展がみられるまで現行のペースでの購入を続ける」と述べた。米下院の民主党指導部は1.9兆ドル規模の追加経済対策について週内にも採決する方向で調整していると伝わった。景気刺激的な金融・財政政策が景気回復を促すとの期待を誘った。

旅行需要の回復期待から、ノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスなどクルーズ船やユナイテッド航空ホールディングスなど空運株が高い。航空機需要の回復期待からボーイングは8%上げ、ダウ平均を押し上げた。

ニューヨーク原油先物相場が一時63ドル台前半と1年1カ月ぶりの高値を付け、シェブロンなど石油株が買われた。米長期金利の上昇を受け、ゴールドマン・サックスなど金融株も高い。クレジットカードのビザや機械のハネウェル・インターナショナルも買われた。

ダウ平均は朝方は安く推移する場面もあった。米長期金利が一時1.43%と約1年ぶりの高水準を付けた。スマートフォンのアップルなど高PER(株価収益率)の主力ハイテク株が売られ、相場の重荷となった。

ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発し、前日比132.768ポイント(1.0%)高の1万3597.966で終えた。インテルなど半導体株が総じて買われ、足元で急落した電気自動車のテスラが6%上げた。ただ、アップルに加え、ネット通販のアマゾン・ドット・コムが1%安となるなど主力ハイテク株の一角は下げた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン