/

NYダウ続落68ドル安 経済対策を見極め

【NQNニューヨーク=戸部実華】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比68ドル95セント(0.2%)安の3万0991ドル52セントで終えた。バイデン次期大統領が14日夜に公表する追加経済対策への期待から買いが先行したが、取引終了にかけて下げに転じた。発表内容を見極めたいムードが広がったほか、長期金利の上昇を受けて主力ハイテク株への売りが重荷となった。

バイデン氏の経済対策は数兆ドル規模の見通しで、家計への現金給付の増額や失業保険の増額措置の延長などを含むとみられる。新型コロナウイルスによる米経済への打撃を和らげると期待されている。ただ、共和党の反対なども予想され「内容と実現の可能性を見極めたい」(インバーネス・カウンセルのティモシー・グリスキー氏)との声もあり、買い一巡後は様子見ムードが広がった。

主要株価指数が過去最高値圏で推移する中、15日の大手銀行を皮切りに決算発表シーズンが始まる。決算を確認したい投資家が多く、午後の買い控えにつながったとの指摘もあった。

前日まで上昇が一服していた米長期金利が14日は再び上昇した。一時は前日比0.05%高い1.13%を付けた。長期金利が上昇すると高PER(株価収益率)銘柄のハイテク株は割高感が意識されやすく、スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフト、交流サイトのフェイスブック、ネット通販のアマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株が軒並み売られた。

取引時間の終盤を除けば、ダウ平均は前日終値を上回って推移した。追加経済対策やコロナワクチンの普及期待で、航空機のボーイングやクレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど景気敏感株が買われた。原油高を受け、石油のシェブロンも高い。長期金利上昇で金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースも買われた。アナリストの投資判断の引き上げが相次いだ半導体のインテルも高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落し、前日比16.313ポイント(0.1%)安の1万3112.638で終えた。主力株への売りが重荷となった。半面、台湾積体電路製造(TSMC)が14日に発表した好決算を受け、アプライドマテリアルズやラムリサーチなど半導体製造装置株が大幅高となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン