/

この記事は会員限定です

「弱い雇用」が招く株最高値接近(NY特急便)

NQNニューヨーク 張間正義

[有料会員限定]

今週の最大の材料だった5月の米雇用統計を受け、4日の市場は「株高・債券高(金利は低下)・ドル安」で反応した。鈍い雇用回復は良いニュースと言わんばかりに、ダウ工業株30種平均は過去最高値に迫った。

景気動向を映す非農業部門雇用者数(NFP)は前月比55万9000人増と市場予想(65万人増程度)を下回った。米連邦準備理事会(FRB)が資産購入の縮小(テーパリング)開始の議論を6月から始めるには「不十分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン