/

NYダウ反発、114ドル高 ワクチン普及期待で

【NQNニューヨーク=川内資子】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比114ドル32セント(0.4%)高の3万0129ドル83セントで終えた。米ファイザーが23日、来年7月までに1億回分の新型コロナウイルスワクチンを追加供給する契約を米政府と結んだと発表。ワクチン普及への期待が高まり、景気敏感株を中心に買いが優勢となった。

ファイザーの米政府へのワクチン供給は、既存の契約と合わせて2億回分となる。米政府は米モデルナから調達する2億回分を含めて、4億回分を確保した。ワクチン普及による景気の持ち直し期待を誘った。英国と欧州連合(EU)の貿易交渉などの合意が近いと伝わり、欧州株相場が総じて上昇したのも投資家心理を上向けた。

23日発表の経済指標を受け「10~12月期の米経済は恐れていたより悪くないようだ」(JPモルガン)との見方が広がったのも買いを促した。週間の新規失業保険申請件数が前週比で3週ぶりに減った。11月の個人消費支出(PCE)は前月比0.4%減と7カ月ぶりに減少したが、減少幅は市場予想並みだった。

ダウ平均は午後に一時270ドル超上げる場面もあったが、取引終了にかけて上げ幅を縮めた。トランプ米大統領が防衛関連法案に拒否権を発動したと午後に伝わった。同氏は米議会が可決した追加経済対策に対し、22日に修正を求める発言をしている。政策を巡る不透明感が強まったとして、持ち高調整や利益確定目的の売りを促した。

米債券市場で景気の回復観測などから長期金利が上昇し、利ざや改善の見方からJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど金融株が買われた。アナリストが目標株価を引き上げた映画・娯楽のウォルト・ディズニーが買われ、原油高を背景にシェブロンなど石油株も上げた。前日に売られた空運株など旅行・レジャー関連株が総じて上昇した。

ナスダック総合株価指数は反落し、前日比36.804ポイント(0.3%)安の1万2771.114で終えた。ソフトウエアのマイクロソフトや動画配信のネットフリックスなど、巣ごもり消費や在宅勤務の恩恵を受けやすい銘柄が利益確定売りに押された。

ナスダック指数は前日に付けた過去最高値を上回って推移する場面が多かった。前日に下げた交流サイトのフェイスブックや電気自動車のテスラなどが買い直された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン