/

NYダウ続伸27ドル高 経済対策の成立期待が支え

【NQNニューヨーク=張間正義】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比27ドル37セント(0.1%)高の3万1521ドル69セントで終えた。米長期金利の上昇を嫌気する形で売りが先行したが、売り一巡後は米国の追加経済対策の成立や経済活動の正常化を期待した買いが入った。

民主党は今週中に下院で1.9兆ドルの追加経済対策の法案を成立させる見通しと伝わった。その後は来週中にも上院で採決となるもよう。民主党上院トップのシューマー院内総務は現行の失業保険給付の上乗せが終了する3月中旬までの成立に前向きな姿勢を示した。

米国では新型コロナの新規感染者数の減少が続き、経済規模の大きいニューヨーク州などで行動制限が緩和されている。欧州でも英政府が22日、ロックダウン(都市封鎖)の緩和を発表し、6月下旬に経済や社会活動のほぼ完全な正常化を目指す。

経済活動の正常化期待から映画・娯楽のウォルト・ディズニーが4%上昇し、ダウ平均を押し上げた。建機のキャタピラーやクレジットカードのビザなど景気敏感株への買いも目立った。ダウ平均の構成銘柄以外でもクルーズ船のカーニバルや空運のアメリカン航空グループなど、旅行・レジャー関連株が軒並み大幅に上げた。

半面、米債券市場では長期金利が上昇し、株式相場の重荷となった。長期金利は22日未明に一時1.39%まで上昇し、米株市場でハイテクなど高PER(株価収益率)株を中心に売りが先行した。市場では23日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言への関心が高まっており「金利上昇をけん制する発言が出るのでは」との見方も一部で浮上した。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に反落し、前週末比341.415ポイント(2.5%)安の1万3533.048で終えた。ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルがともに3%安。インテルやエヌビディアなど半導体株も軒並み売られた。電気自動車のテスラは9%安と大幅に続落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン