/

NYダウ続伸464ドル高 経済対策可決で最高値更新

【NQNニューヨーク=岩本貴子】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸した。前日比464ドル28セント(1.5%)高の3万2297ドル02セントで終え、2週間ぶりに過去最高値を更新した。終値で3万2000ドル台に乗せるのも初めて。米下院は10日、1.9兆ドル規模の追加経済対策を可決した。12日にバイデン大統領が法案に署名し、成立する。家計への現金給付などが景気回復を加速させるとの見方から景気敏感株を中心に買われた。

景気敏感株では航空機のボーイングが6%高となり、化学のダウや建機のキャタピラーの上げも目立った。ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株も買われた。原油高を受けてシェブロンなど石油株も高い。家計への現金給付が消費拡大を後押しするとの見方から、小売りのウォルマートやホームセンターのホーム・デポなど小売株にも買いが向かった。

朝方発表された2月の米消費者物価指数が市場予想並みにとどまり、米長期金利は1.5%台前半で比較的落ち着いている。長期金利上昇を警戒したハイテク株の売りの勢いはひとまず弱まった。スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフトは小幅な下げにとどまった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に反落し、前日比4.993ポイント安の1万3068.832で終えた。半導体銘柄への売りが目立った。前日に大幅高だった電気自動車のテスラも下げて終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン