/

NYダウ続伸30ドル高 長期金利低下で成長株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比30ドル30セント(0.1%)高の3万1832ドル74セントで終えた。米長期金利の上昇が一服し、前日まで軟調だったハイテクなどグロース(成長)株に押し目買いが入った。米国の追加経済対策が景気回復を後押しするとの期待も買いを促した。ダウ平均は一時300ドル超上げたが、引けにかけて伸び悩んだ。

長期金利は朝方に前日比0.07%低い1.52%を付けた。これを受けてグロース株買いが鮮明となり、スマートフォンのアップルが4%上昇。ソフトウエアのマイクロソフトも3%上げた。ダウ平均の構成銘柄以外では電気自動車のテスラが20%高と相場上昇をけん引。半導体のエヌビディアは8%高、ビデオ会議システムのズーム・ビデオ・コミュニケーションズも10%高と急騰した。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は大幅反発し、前日比464.664ポイント(3.7%)高の1万3073.825で終えた。上昇率は今年最大だった。

前週末に米上院で可決した1.9兆ドル規模の追加経済対策は下院での再審議を経て、14日までに成立する見込み。1人当たり最大1400ドルの現金給付など即効性のある政策が大半を占める。「3~4月の個人消費はかなり強含む」(米国野村証券)との見方からホームセンターのホーム・デポや小売り大手のウォルマートなど小売り株も買われた。

経済協力開発機構(OECD)は9日、21年の世界の実質経済成長率が5.6%になるとの予測を発表した。新型コロナウイルスのワクチン普及や米国の追加経済対策の効果を見込み、昨年末時点から1.4ポイント上方修正した。世界経済の順調な回復が進むとの期待も買い材料になった。

ダウ平均は一時347ドル高と過去最高値まで上昇したが、取引終了にかけて伸び悩んだ。3月は四半期末を控えた機関投資家の株売り・債券買いの持ち高調整が入りやすいとの見方がある。こうした機械的な売りが取引終了にかけて出た可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン