/

この記事は会員限定です

あらわになったロビンフッドの「構造問題」(NY特急便)

NQNニューヨーク 張間正義

[有料会員限定]

株式市場では過去の問題となりつつある「ロビンフッド・ショック」による株安。社会的には同社のビジネスモデルに関する追及が一段と強まりそうだ。

19日のダウ工業株30種平均は小反発した。米長期金利は1.3%台半ばと新型コロナウイルスの感染拡大後の最高水準にあり「株式市場がいつ拒絶反応を示すか」に関心が高まる。

前回、長期金利の上昇が大幅な株安を招いたのは2018年10~12月だ。米連邦準備理事会(FR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン