/

NYダウ続落、127ドル安 デルタ型の感染拡大を懸念

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比127ドル59セント(0.4%)安の3万4930ドル93セントで終えた。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大による世界経済の先行き懸念から売りが優勢になった。

米国ではフロリダやテキサスなど経済規模の大きい州で新規感染者の増加が鮮明となっている。米アルファベット傘下のグーグルは28日、従業員の出社再開の時期を9月から10月18日に延期し、ワクチン接種を出社の条件とすることを明らかにした。他の企業の出社再開に影響を与える可能性があり、経済活動の正常化の動きが遅れるとの見方が強まった。

米連邦準備理事会(FRB)は28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策の現状維持を決めた。FRBのパウエル議長は会合後の記者会見でテーパリング(量的緩和の縮小)の開始に向けて「今後複数の会合で経済情勢の進捗を確認する」と表明した。おおむね想定の範囲内だったため、株式市場の反応は限られた。

27日夕の決算発表で2021年7~9月期の増収率が4~6月期から減速するとの見通しを示したスマートフォンのアップルが下げた。足元で上昇が目立っていたクレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)とビザも安い。

一方、28日朝に発表した4~6月期決算が7四半期ぶりに黒字となった航空機のボーイングが4%高となり、ダウ平均を下支えした。新型コロナワクチンの販売好調で21年12月期通期の業績予想を上方修正した製薬のファイザーも3%上昇した。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比102.008ポイント(0.7%)高の1万4762.584で終えた。前日に好決算を発表した銘柄が買われ、指数を押し上げた。検索サイトのアルファベットは3%高となり連日で上場来高値を更新した。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は8%高と急伸し、エヌビディアなど他の半導体関連株にも買いが波及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン