/

NYダウ反落164ドル安 決算受け一部銘柄に売り

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比164ドル55セント(0.5%)安の3万3820ドル38セントで終えた。バイオ製薬のアムジェンなど前日夕以降に決算を発表した一部銘柄が売られ、ダウ平均を押し下げた。ただ、米連邦準備理事会(FRB)による緩和的な金融政策が長く続くとの観測が支えとなり、午後に下げ幅を縮める場面があった。

前日夕に発表した2021年1~3月期決算が市場予想に反して減収となったアムジェンが7%下げた。好決算を発表したソフトウエアのマイクロソフトは材料出尽くしの売りに押され3%安。28日発表の決算で赤字幅が市場予想以上に拡大した航空機のボーイングも3%安で終えた。これら3銘柄でダウ平均を216ドル押し下げた。

午後の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表後に38ドル安まで下げ幅を縮める場面があった。FOMCでは金融政策を据え置いた。会合後に公表した声明では、新型コロナウイルスのワクチン接種を背景に「経済や雇用指標は力強さを増した」と景気認識を引き上げた。ただ、物価上昇については「主に一時的な要因を映して上昇した」と指摘した。

パウエルFRB議長は記者会見で資産購入の縮小について問われ「まだその時期ではない」と答え、雇用や物価動向が政策目標に向けて進展するか注視していると述べた。発言を受け、金融緩和策が長期間続き、米景気の力強い回復を促すとの見方が強まった。化学のダウや建機のキャタピラー、銀行のJPモルガン・チェースなど景気敏感株の一角が買われ、ダウ平均を支えた。原油先物相場の上昇を受け、石油のシェブロンも高い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比39.185ポイント(0.3%)安の1万4051.031で終えた。前日夕に21年12月期通期の増収率見通しを引き上げた半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は買いが先行したが、利益確定売りに押された。半導体株全般に売りが広がった。

一方、前日夕に市場予想を上回る増収増益決算を発表したグーグルの親会社アルファベットは3%高。29日に決算を発表するネット通販のアマゾン・ドット・コムにも買いが入り、ナスダック指数は高く推移する場面があった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン