/

NYダウ続落、184ドル安 追加制裁による原油高警戒

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落し、前日比184ドル74セント(0.6%)安の3万2632ドル64セントと昨年3月以来、1年ぶりの安値で終えた。バイデン米大統領が8日、ロシアからの石油や天然ガスの輸入を禁止すると発表した。エネルギー需給が逼迫し、インフレが米景気を冷やすとの懸念が強まった。対ロ経済制裁がらみの悪材料がひとまず出尽くしたとみて大きく上げる場面もあり、不安定な値動きだった。

バイデン大統領は米東部時間の午前11時20分すぎに演説し、ロシア産エネルギーの禁輸を表明した。演説が始まるとそれまで下げていたダウ平均が切り返し、午後1時すぎに一時585ドル高となった。追加制裁を織り込んで前日のダウ平均は797ドル安と今年最大の下落を記録しただけに、一旦材料出尽くしとみた押し目買いや売り方の買い戻しを誘った。

全面的な禁輸が米国単独にとどまり、欧州はやや消極的な対応だったのも株買いを誘った。欧州連合(EU)はロシア産天然ガスの使用量を3分の2減らすが、エネルギーのロシア依存からの脱却は2030年までに達成する方針を表明した。

買い一巡後は再び売りが優勢になり、ダウ平均は下げに転じて終えた。原油の米指標油種のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物の期近物は一時1バレル129.44ドルと8%あまり上昇した。米ガソリン価格が14年ぶりに史上最高値を更新し、消費への影響が懸念されたのも相場の重荷だった。

飲料のコカ・コーラや日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)がともに4%下げるなど、このところ堅調だったディフェンシブ株の売りが優勢だった。消費財銘柄は原材料高による採算悪化を意識した売りも出たようだ。スポーツ用品のナイキ、小売りのウォルマートも2%を超える下げだった。

一方、資源高が鉱山機械の販売増につながるとの思惑から建機のキャタピラーが7%高と急伸、石油のシェブロンは5%高で終えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日続落し、前日比35.411ポイント(0.3%)安の1万2795.551と昨年3月以来の安値で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや動画配信のネットフリックスが下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン