/

NYダウ反落、259ドル安 世界景気の回復遅れ懸念

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比259ドル86セント(0.7%)安の3万4421ドル93セントで終えた。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、景気回復が遅れかねないとの見方が強まった。米長期金利の低下も米景気の減速懸念を高め、景気敏感株や金融株を中心に売られた。

日本政府が8日に東京都に4回目の緊急事態宣言を発令することを決めたのを受け、米株市場でも世界的な変異ウイルスの広がりによる景気減速が意識された。米長期金利は一時1.25%と2月以来の水準に下げた。米労働市場の改善も足踏み状態にあり、米労働省が8日発表した週間の新規失業保険申請件数は37万3000件と前週から増え、市場予想(35万件)も上回った。

景気敏感株が下げを主導し、建機のキャタピラーや化学のダウが安い。長期金利低下を受け、利ざや縮小の懸念からゴールドマン・サックスなど金融株も売られた。前日まで長期金利低下を支えに上昇基調にあった主力ハイテク株の多くも利益確定売りに押された。スマートフォンのアップルや顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが下げた。ダウ平均の下げ幅は午前に536ドルまで広がった。

ただ、ダウ平均は売り一巡後は下げ渋る場面もあった。米景気回復の勢いが鈍れば米連邦準備理事会(FRB)の緩和的な金融政策が長期化し、相場を下支えするとの見方が根強い。今月後半に本格化する米主要企業の4~6月期決算の発表では大幅な増益が予想されており、企業業績などファンダメンタルズ(基礎的条件)はなお良好との見方も多い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落した。前日比105.278ポイント(0.7%)安の1万4559.785で終えた。交流サイトのフェイスブックや検索サイトのアルファベットなど主力ハイテク株が下げ、半導体株も売られた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムは買われ、連日で上場来高値を付けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン