/

NYダウ反発、87ドル高 ヘルスケア・日用品株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比87ドル06セント(0.3%)高の3万4583ドル57セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めを警戒した売りが先行したが、売り一巡後は下げ渋った。業績が景気に左右されにくいヘルスケアや日用品などディフェンシブ株を中心に買われ、午後に上げに転じた。

FRBが6日に公表した米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、保有資産の圧縮ペースが前回よりも大幅に加速し、通常の2倍の0.5%の利上げを複数回実施する道筋が示された。金融引き締めが景気を冷やすとの警戒感から、ダウ平均は午前に一時305ドル安まで下げた。

午後にかけて相場は下げ渋った。業績が景気に左右されにくいヘルスケア株の上昇が目立ち、ダウ平均の構成銘柄では製薬のメルクとドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが2%高となった。日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や小売りのウォルマートも高い。

7日の米長期金利は一時2.67%と2019年3月以来の高水準を付けたが、前日も2.66%まで上昇しており、比較的落ち着いた動きだった。前日に金利上昇を嫌気して売られたハイテク株は、業績の安定成長が見込まれる銘柄が買い直された。ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルが上昇した。

一方、クレジットカードのビザや化学のダウ、金融のゴールドマン・サックスなど景気敏感株の一角が下げた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に3営業日ぶりに反発し、前日比8.483ポイント(0.1%)高の1万3897.300で終えた。電気自動車のテスラが上昇した。一方、半導体のエヌビディアやネット通販のアマゾン・ドット・コムは下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン