/

NYダウ続落269ドル安 米景気の回復鈍化を警戒

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、3連休前の前週末に比べて269ドル09セント(0.8%)安い3万5100ドル00セントで終えた。新型コロナウイルスの感染拡大で米景気の回復が遅れるとの警戒感から、景気敏感株を中心に売りが優勢となった。

ゴールドマン・サックスが6日、2021年10~12月期の米実質国内総生産(GDP)伸び率の見通しを引き下げ、投資家心理の重荷となった。新型コロナのインド型(デルタ型)の感染拡大や政府の財政支援の縮小を背景に、消費を中心に景気回復が想定より遅れるという。前週末発表の8月の米雇用統計で雇用が伸び悩んだのも景気敏感株売りにつながった。

景気敏感株ではアナリストがアジアの供給網の混乱が収益の重荷になると指摘したと伝わった工業製品・事務用品のスリーエム(3M)が5%近く下げた。機械のハネウェル・インターナショナルも安い。中型機「787」の出荷再開が遅れると伝わった航空機のボーイングも2%下げた。

株価の上値余地の乏しさを理由にアナリストが投資判断を「買い」から「中立」に下げた製薬3社が売られたのもダウ平均を押し下げた。アムジェンが2%強下げ、メルクとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は2%近く下落した。

一方、緩和的な米金融政策が継続され、低金利が追い風になるとの見方から主力ハイテク株は総じて買われ、相場を支えた。14日に特別イベントを開くと発表したスマートフォンのアップルは、新型「iPhone(アイフォーン)」への期待も買いを後押しした。

ナスダック総合株価指数は4日続伸し、前週末比10.812ポイント(0.1%)高の1万5374.328と連日で過去最高値を更新した。動画配信のネットフリックスは上場来高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン