/

NYダウ6日ぶり反落、282ドル安 低調な小売売上高嫌気

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反落し、前日比282ドル12セント(0.8%)安の3万5343ドル28セントで終えた。朝方発表の7月の米小売売上高が市場予想より減少した。米景気回復の鈍化が懸念され、小売り株や景気敏感株を中心に売られた。ダウ平均は前日までに連日で過去最高値を更新しており、高値警戒感の売りも出やすかった。

7月の小売売上高は前月比1.1%減と市場予想(0.3%減)より落ち込んだ。経済再開や米政府の大規模な経済対策で回復してきた消費が減速し始めたと受け止められた。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大によって「8月はサービスを中心に売上高が急速に減る可能性がある」(パンセオン・マクロエコノミクス)と指摘された。個人消費は米実質国内総生産(GDP)の7割を占めるだけに、米景気回復の不透明感が増した。

小売り株が幅広く売られた。17日朝に発表した2021年5~7月期決算で売上高総利益率が悪化したホームセンターのホーム・デポが4%安となった。消費動向の影響を受ける映画・娯楽大手のウォルト・ディズニーやスポーツ用品のナイキの下げも目立った。資本財では航空機のボーイングと建機のキャタピラーが大幅安となった。

足元で上昇基調にあったハイテク株にも利益確定売りが広がり、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやスマートフォンのアップル、ソフトウエアのマイクロソフトが下落した。ダウ平均の下げ幅は一時500ドルを超えた。

半面、ヘルスケアなどディフェンシブ銘柄は買われる銘柄が多かった。医療保険のユナイテッドヘルス・グループや製薬のメルクが上昇した。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比137.581ポイント(0.9%)安の1万4656.181で終えた。交流サイトのフェイスブックやネット通販のアマゾン・ドット・コムなど主力株が下げたほか、エヌビディアやクアルコムなど半導体銘柄が売りに押された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン