/

NYダウ続伸141ドル高 雇用回復観測で景気敏感株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比141ドル59セント(0.4%)高の3万4464ドル64セントで終えた。朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数が市場予想より少なかった。雇用回復が続いているとの観測を後押しし、景気敏感株を中心に買いが優勢だった。

新規失業保険申請件数は40万6000件と前週から減り、市場予想(42万5000件程度)も下回った。新型コロナウイルスの感染が広がった昨年3月以降で最低を更新した。経済活動の正常化に伴って「さらに失業保険の申請件数は減る」(ハイ・フリクエンシー・エコノミクス)との見方があり、景気回復期待が高まった。

個別銘柄では航空機のボーイングが4%近く上昇した。欧州の同業エアバスが増産計画を発表し、航空機需要の回復を期待した買いが入った。航空機部品を手掛ける機械のハネウェル・インターナショナルも3%高。建機のキャタピラーも高い。経済再開の恩恵を受けやすい映画・娯楽のウォルト・ディズニーが買われ、米長期金利の上昇を受けて銀行のJPモルガン・チェースも高い。ダウ平均の上げ幅は一時285ドルに広がった。

ただ、朝高後は伸び悩んだ。長期金利が上昇すると相対的に割高感が意識されやすい高PER(株価収益率)のハイテク株は下げ銘柄が多かった。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやスマートフォンのアップル、ソフトウエアのマイクロソフトが安い。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小反落し、前日比1.720ポイント安の1万3736.276で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムと検索サイトのアルファベットが安い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン